看護師が「辞めたい」気持ちとサヨナラするためのサイト

看護師が「辞めたい」気持ちとサヨナラするためのサイト

看護師なんて辞めたいと思うとき

専門学校に行って頑張って看護師の資格をとり、病院勤務をしたけれど、看護師の仕事は思っている以上にハードで、辞めたいと思うこともあります。好きで目指した仕事なのに、なぜ、こんなことになったのでしょう。

 

志し高く始めた仕事なのに、実際に病院勤務をすると辞めたくなる時が多々あるのです。では実際に、どのような理由で看護師を辞めようと思うのでしょう。まず、一番の要因は何といっても、「人員不足」です。毎年多くの看護師が辞めていき、新卒の看護師が入ってきても、1人当たりの仕事内容は増えていると感じています。辞めてもすぐに新しい看護師が補充されないことも多いのが現実です。辞めた看護師の穴埋めをすることになる看護師の負担は大きく、結果的に辞めた看護師の穴埋めをした、ベテラン看護師が疲れ果て辞めてしまうという、悪循環なのです。そんな慢性的な人材不足による、過剰労働が原因です。

 

次に多いのが、給与面の不満です。看護師の給与は高いというイメージがあります。
他の業種で働く女性の給与と比較しても、看護師の年収平均は470万円ほどと、高くなっています。もちろん、大きい病院ほど年収が高くなり、年収は約500万と男性の平均年収並の高さです。このように、数字の上では高給ですが、夜仕事勤などの体調管理や、医療に関わる緊張やストレス、実際の仕事内容に見合った給料がもらえていないと感じるのです。仕事内容と見合わせて「賃金が安い」と感じるのは当然でしょう。大きな総合病院の看護師の場合、給与が高くなる分、仕事量も責任の重さも比例して増えるといえるでしょう。

 

そのうえ有給や休暇の制度はあっても、いつ患者の容体が変わるか、分からないですし、予定していた休みさえ中々、予定どおりのとれないのが現実です。さらに長期休暇なんて、とっても申請できないと感じる看護師は多いのです。このように、人材不足による超過勤務と、仕事内容に見合わないと感じる給与、休日や有給がとれない、そんな問題が重なり、看護師を離職する結果になるのです。また、結婚や子育ての際には両立できない仕事でもあることが、看護師の離職の大きな要因なのです。

 

上記に書いたように有給休暇があってもなかなか消化できなかったり、育休がとれない、見合ったお給料をもらえないという潜在看護師さんが多いですが、潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧のようなサービスを利用して復職するとそのような悩みが払拭され、希望した条件に比較的近い条件でまた働く事が出来ます。